首イボ除去に失敗しない市販薬の選び方

わたしも「首の老人性イボを除去したい!」と思って身近な市販薬を購入したことがあったのですが、全然効果が無くて、数ヶ月無駄にしちゃった過去があります。

その時に、全ての市販薬が老人性イボに効くわけじゃない!と気付きました。

薬局などで購入できるのは手軽で良いんですが、有効成分が少ないのでほぼ効かないようです。

あとイボコロリが有名なんですが、顔や首は皮膚が薄いので使用NGで、老人性イボ自体も使用NGと注意書きにかかれています。

やっぱり取れるなら早く取りたいし、効きもしないのに塗り続けるのはめんどうですよね。

本気で「顔や首の老人性イボを除去したい!」という人に向けた、失敗しない為のイボ除去クリームの選び方解説の記事です。

早く見たい人はこちらからどうぞ。

イボ除去クリームのランキングをみる

市販の老人性イボ除去クリームの選び方

市販されている老人性イボクリームを選ぶ時に3つのポイントがあります。

有効成分(効き目)

一番大切なのは有効成分がしっかりと入っていることです。

おすすめのイボケア成分は「ヨクイニン」や「杏仁オイル」で、この2つが配合されている商品を選ぶようにしてください。

簡単にいうとこの2つの成分によって、老人性イボの原因となってる肌ターンオーバーの改善、角質除去、保湿ケアを行い、改善していきます。
ヨクイニンの作用は、肌代謝の改善、角質ケア、肌の保湿、肌を柔軟にします。古くからイボケア成分として愛用されてきたという実績もあります。
ヨクイニン(ハトムギ)エキスの老人性イボへの効果
漢方のヨクイニンは、顔や首の老人性イボケアに有効な成分です。 顔や首は使用出来る薬品が少ないので、天然成分で優しく肌を整えていきながら、老人性イボの原因となる肌ターンオーバーの改善をしていく必要があります。 具体的なヨクイニンの...

杏仁オイルの作用は、肌の保湿、肌の水分保有を助ける、肌をなめらかに、殺菌と肌荒れ予防です。

杏仁オイルのイボへの効果
老人性イボを自分でどうにかしたいとお考えの方もいるでしょう。杏仁オイルは民間療法の中でも、老人性イボに効果的だということで知られています。 ここでは杏仁オイルが老人性イボに効果的な理由や、副作用などについてご紹介していきましょう。 ...

販売実績=口コミ評判

 

販売実績が高い商品を選んでいくのがポイントとなります。

イボが取れた口コミ→悩んでいる人が購入→よく売れる→更に口コミで広がる→いっぱい売れる

本当によい「取れる商品」は、口コミでどんどんと売れていきます。

それなので販売実績をチェックすることで、本当に良い商品なのかというのが客観的にわかってきます。

コスパ

最後はコスパ(購入しやすい価格)であるのが大切です。

有効成分が多く配合されているクリームで、1万円を超えているものもあります、そんな商品は効くかもしれませんが、それでは使い続けづらいです。

早い人だと実感まで2週間程なんですが、長い人だと3ヶ月くらいは継続して使い続けたいです。(イボが取れても肌を整える為に塗り続ける)

老人性イボクリームの相場は2000〜4000円程なので、この価格帯から購入していきましょう。

これ以上安いと成分配合量が少なく実感出来ない可能性が高いです。

市販の老人性イボ除去クリームのランキング

艶つや習慣
艶つや習慣 URL1

艶つや習慣は大容量(120g)で、たっぷり塗れて、ケア出来るので、実感しやすくなり、口コミ評価が高くなっています。

迷ったらこの艶つや習慣を選べば間違いないです!

・イボケア成分:ハトムギ、杏仁エキスなど10種類
・販売実績:60万個
・容量:120g
・通常価格:4104円
・最安値:2052円

クリアポロン
クリアポロン

クリアポロンは、ユーザー満足度が93.1%と高く、180日の返金保証付きなので取れるか不安な人におすすめです。

・イボケア成分:Wヨクイニン、杏仁エキスなど19種類
・販売実績:10万個
・容量:60g
・通常価格:6800円
・最安値:1800円
(ピーリング石鹸と180日間の返金保証付き)

シルキースワン
シルキースワン

アットコスメで口コミ評価6.3を獲得されたシルキースワンです。

しかし、現在は口コミ評価が落ちてしまっています。成分的に良いのかもしれませんが、ちょっとコスパが悪いです。

・イボケア成分:ハトムギエキス、杏仁エキスと15種類
・販売実績:不明
・容量:40g
・通常価格:6800円
・最安値:2780円
(ピーリングジェル付き)

市販の老人性イボ除去クリームのQ&A

市販薬イボコロリは「顔や首」や「老人性イボ」に使えない

市販のイボコロリは、足や手など皮膚が分厚い場所にできたウイルス性イボ用の塗り薬です。

イボコロリには「サリチル酸」という薬品が使われていて、サリチル酸が皮膚を軟化(柔らかくする)させ、イボを強制的に剥がしていきます。

このサリチル酸が、皮膚の薄い顔や首へ使用すると、皮膚を剥がしすぎてしまうので使用が禁止されています。

イボコロリの使用上の注意がこちらです。

そもそも、老人性イボへの使用も禁止されています。

イボコロリが顔や首の老人性イボへは肌が荒れるから使用NG
「イボを取りたいけど、皮膚科に行くのは面倒だし・・・」と、イボコロリでイボ治療をしたいとお考えの方もいるでしょう。 イボコロリの液体と絆創膏タイプは、「顔や首の老人性イボ」に使うことが出来ません。 顔や首に使うことが出来るのは、...

市販のイボ除去クリームはほぼ効かないので無意味

薬局やドラッグストアなどで販売されている、イボ除去クリームもあります。

その市販のイボ除去クリームは、まず「購入されやすい価格」で売れやすいようにされています。

最初に価格から決まるので、有効成分は後回しで、一応入れはしてるんですが、配合量が少ないので実感できないことがほとんどです。

実際に口コミ評価をチェックしてみたんですが、数ヶ月「市販のイボ除去クリーム」を使ったけどダメだったという人が多いです。
老人性イボに効かない市販薬
「老人性イボに効かない市販薬」の記事一覧です。

ヨクイニン錠(ハトムギエキス)を飲んでも老人性イボに効かない

ヨクイニン錠は病院で治療薬として処方されます。(写真は市販されているイボコロリ内服錠です)

ヨクイニン錠はウイルス性イボの治療に有効で、老人性イボには効果がありません

ウイルス性イボも飲み続けて、1ヶ月経過しても治らない場合は、服用をやめて病院へ行ってくださいと書かれています。

ヨクイニンは、飲むとウイルス性イボに有効で、塗ると老人性イボへ有効なんです。

その理由は、老人性イボの原因が肌代謝の低下なので、直接塗ることでしっかりと肌ケアをし、肌代謝を改善させていく使い方が最適となります。

かゆい老人性イボも和らぐ可能性が高い

かゆい老人性イボは、肌の乾燥による痒みが原因の場合が多いです。

イボ除去クリームは、保湿力が高いので、塗りはじめると少しずつかゆみが減っていくでしょう。

お風呂上がりに、化粧水を塗った後、広めにイボ除去クリームを塗り、(できればクリームを塗る)というのがおすすめです。

老人性イボがキレイになるまで2週間〜3ヶ月と個人差あり

目安ですが、早い人では2週間ほどで、長い人だと3ヶ月ほどだと思ってもらればいいでしょう。

老人性イボのサイズと年齢によって変わってきます。

肌ターンオーバーの周期が20代で28日周期で、30代半ばごろから45日周期へと、年齢を重ねていくにつれこの周期が長くなっていきます。

ターンオーバー周期だけでいうと、年齢を重ねている人ほど実感が遅くなりやすいという事になります。

イボ除去クリームのランキングへもどる

イボ除去クリームの老人性イボへの使い方

朝と夜の1日2回塗る

朝と夜のお風呂上がりの1日2回イボ除去クリームを塗ります。

特に大切なのはお風呂上がりです、理由は肌に水分が含まれていて、その水分をとどめて保湿力が上がるのと、しっかり浸透するようになるからです。

塗り方はイボだけに塗るのではなく、首にイボがあるなら、首全体にマッサージするように塗っていきます。

老人性イボは肌代謝が悪くなり、出てくるものなので、イボだけじゃなく全体的に肌の代謝を上げていく必要があるからなんです。

週に数回のスペシャルケア

週に2〜3回のペースでやると、実感が早くなるスペシャルケアがあります。

その方法は、洗顔後に水気をとってから、イボ除去クリームを気持ち多めに塗り、そのまま半身浴をします。

半身浴中にイボ除去クリームの成分が、しっかりと肌へ浸透していくという訳なんです。

時間は最低10分くらいはやったほうがいいですね、それ以上はお好みで続けていきましょう。

イボ除去クリームのランキングへもどる

プラスαの効果的な首の老人性イボ対策

肌の保湿ケア

肌が乾燥している状態だと、老人性イボができやすくなってしまいます。

それなので、肌の保湿の為に、化粧水をしっかり塗り水分を入れて、クリームなどで保湿していきましょう。

イボ除去クリームを使えばこの保湿も一緒にやってくれます。

生活習慣の改善

生活習慣というのは「食事」と「睡眠」です。

バランスの良い食事をとることで、肌の修復を助けたり、つやつやしてきたりします。その為に必要な栄養は「タンパク質」と「ビタミン・ミネラル」なので、意識して食事してみましょう。

しっかりと睡眠をとる事で、栄養を肌にしっかりと届けてくれます、睡眠中に肌は作り変えられるので、睡眠不足が続いてしまうと、不健康な肌になってしまいます。

紫外線対策をする

紫外線は「肌ターンオーバーの乱れ」と「茶色いイボ」の原因となります。

紫外線の肌への刺激によって、肌だダメージを受けて、肌ターンオーバーが乱れます。

そして、老人性イボが茶色い人は、メラニンが含まれている可能性が高いです。

顔や首に老人性イボができやすい人は、この紫外線による刺激が原因となっているでしょう。

イボ除去クリームのランキングへもどる

首の老人性イボ除去に効果が無い市販薬

ネットで情報をみてみると、これらの市販薬が「イボに効果がある」「イボが取れる」と言われていますが、残念ながら老人性イボには効果がありません。

ウイルス性イボが取れたという口コミがあるんですが、なぜ取れたのか不明で、悪化しても自己責任の市販薬となります。

ここではサクッとその理由を説明していきます。

クラシエ紫雲膏

クラシエ紫雲膏の効果効能をチェックしてみた結果、魚の目にのみ効果があるようで、老人性イボへの効果はみられません。

紫雲膏は老人性イボには効かない理由
老人性イボを治療するために、塗り薬で治そうという方もいますね。 ここでは塗り薬の中でも有名な紫雲膏について、老人性イボには効くのか、成分の効果や使い方・口コミなどについてご紹介していきましょう。 クラシエの紫雲膏とは? ま...

木酢液

茶色い木酢液は殺菌作用があり、動物避けや害虫対策に使用されていますが、発がん性物質が含まれているので人体への使用は出来ません。

発がん性物質を取り除き、人体に使えるように「木酢液クリア」という商品が作られました。

木酢液クリアは殺菌力が強く(肌荒れしやすい)ウイルス性イボに効果があった、という口コミが多く見られました。なぜウイルス性イボが取れるのかはわかっていませんが、おそらくウイルスを殺菌出来ているのでしょう。

リンゴ酢

リンゴ酢でウイルス性イボが取れるという情報があるのですが、なぜ取れるのかという理由は不明です。

イソジン軟膏(明治)

イソジン軟膏の効果効能をチェックしたのですが、イソジン軟膏ではウイルス性イボも取れるという記載はありません。

殺菌力が高いので、ウイルス性イボに使う人がいますが、イボを作るウイルスに有効なのかは不明です。

イソジン軟膏は老人性イボに効かない理由と注意点
気になるイボに市販薬が使えたら便利ですよね。イソジン軟膏は、老人性イボに効果があるのか? ここではイソジン軟膏の効果や使い方、使う時の注意点などをご紹介していきます。 老人性イボの原因はイソジン軟膏で解消できる? まず始めに老人性...

オロナイン軟膏

オロナイン軟膏の以前の効果効能には「いぼ痔」があったのですが、現在はいぼ痔という表記は無くなっています。

その昔の「いぼ痔に効く」という情報が少し曲がって伝わり、オロナイン軟膏がいぼに効くと言われていたりします。

しかし、オロナイン軟膏では首の老人性イボは取れません

オロナインでイボが治らない理由
ここでは「オロナインが老人性イボに効くのか」という疑問を解消していきたいと思います。 結論から言うと、オロナインでは老人性イボは取れません、誤った情報が伝わって「オロナインで老人性イボが取れる」と言われているようです。 なぜ効か...

尿素軟膏

尿素軟膏は半年〜9ヶ月塗り続けることで、ウイルス性イボが9割取れるという実験データがありました。

その実験の人数が少ないので、信憑性は低いです。

尿素には皮膚を柔らかくする作用があり、皮膚が薄い顔や首へ使用すると肌荒れする可能性が高いです。

尿素は老人性イボに使用できない理由
尿素はハンドクリームや保湿クリームとして、よく知られる成分です。尿素は老人性イボに効くのでしょうか? ここでは、尿素が老人性イボに与える効果や影響、副作用などについてご紹介していきましょう。 尿素とは まず始めに、尿素の特徴や働き...

イボ除去クリームのランキングへもどる

首の老人性イボの皮膚科での治療(除去)方法

皮膚科での老人性イボの治療方法もお伝えしておきましょう。

すぐに首の老人性イボが取れるんですが、治療費が高く通院が面倒かなと思います。

液体窒素治療

保険適用なので多くの皮膚科で進められる治療方法です。

老人性イボを液体窒素で凍らせて取り除くのですが、イボのサイズが小さいと取れにくく、数回の通院が必要だったり、イボの周りが茶色く色素沈着してしまうというデメリットがあります。

保険適用されイボ10個以上で4000〜5000円程度が相場で、そこに診察台や薬代などが含まれてきます。

老人性イボを液体窒素治療で除去する時の費用・痛み・経過は?
顔や首すじに老人性イボが出来て「気になって仕方がない!」という方も多いでしょう。老人性イボは、加齢や紫外線の影響で発生するイボで、皮膚科で治療することもできます。 ここでは、老人性イボを皮膚科で治療する際によく用いられる「液体窒素治療...

レーザー治療

レーザー治療は術後の肌をキレイにする為の除去方法です。

レーザーでイボを削るので、痛みがありますが、ちゃんと医師の指示に従って、術後を過ごせばキレイな肌に仕上がります。

皮膚科によって治療費にバラ付きがありますが、1ミリのイボで数千円〜が相場です。イボの数が多いと治療費が高額となるのがデメリットです。

老人性イボをレーザー治療の料金や方法・注意点や口コミも
「いつの間にこんなに増えたの?」と、顔や首に出来たイボでお悩みの方もいるでしょう。老人性イボは皮膚科でレーザー治療することが出来ます。 ここでは、老人性イボを皮膚科でレーザー治療する場合に特に気になる料金や痛み、流れ、傷跡は残るのか、...

首の老人性イボは放置しても大丈夫?

老人性イボは放置しててもバッと増えたりしないので、放置しても問題はありません。

しかし、老人性イボが出来るということは、今の肌の状態が悪いので、老人性イボが増えてしまうかもしれません。

あと肌状態が悪化してしまってからでは、イボ除去クリームを使っての自宅ケアでは、取れるまでに時間がかかってしまったり、病院で除去するしか無くなる可能性があります。

放置する理由が「めんどくさい」のなら、早めにイボ除去クリームを塗って、さっさと除去するのがおすすめです。

まとめ

老人性イボ用のイボ除去クリームが、キレイを取り戻す近道ということになりました。

色々な種類の商品がありますが、上記で説明した「失敗しない選び方」をチェックしながら、選んでいってください。

イボ除去クリームのランキングへもどる